本日 217 人 - 昨日 368 人 - 累計 323815 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS
101130.jpg
 <4年生以下の試合>

 4年生は、全ての試合、抜群の連携プレーで、”たてたてー!””後ろにパス出せー”と声を出し、自分の位置を知らせ、攻めていました。

 ボールを取られても、すぐに別の選手が取りに行き、それでもボールに選手が集まりすぎない、自分のポジションはキープする、攻めからディフェンスに、ディフェンスから攻めに変わる時のスピードが早い、さすがだなーと思いました。
 今年からサッカーを始めた選手も果敢にシュートしていました。

3年生以下。
 午前中の試合は、結構おされながらもドリブルで何人も相手をかわしシュートを決めました。
 後半は、1年生も加わり、相手は3年生だというのにボールを奪おうと向かっていました。転んでもすぐ立ち上がり走っていました。その、向かって行く気持ちが大事なのかもしれません。

 3年生以下の午後の試合は、前半1・2年主体、後半3年生主体。
 前半は相手のスピードについていけず、あっという間に得点を連取されてしまいました。相手が3年生なのだから当然かもしれませんが、やはり、悔しいという気持ちはあったはず。まずは御飯を沢山食べて体力をつけて、次回は得点が取れるように頑張って欲しいです。
 後半は、3年生主体でしたが、午前中より動きが良くなかった様に思いました。前半の失点を取り返そうと少し焦ってしまったかもしれませんね。
 
 今日は、いつものGKの選手が午後からの参加だったため、午前中は別の選手が急きょGKをしました。
 初めてのキーパーとは思えない良い動きをしていて、1対1になってしまった時も、ひるむ事無くナイスセーブをしていました。
 ”ナイス かいと!!”

次の試合でも、楽しい(上手く出来ると楽しいよね!)プレーが出来るように頑張ろう!

101028.jpg
今日は、晴天で風もなく、穏やかな天候の中、TTKさんと全部員対象の練習試合を行いました。

実は練習試合が決定したのが、前日の夕方でした。
4,5年生はジュニアカップがあり、その他の学年も防犯イベントでユニフォームを着ていたため、ユニフォームの洗濯が間に合うか!?それ以前に部員が集まるのか、心配でしたが、ほぼ全員に近い人数が揃いました。

総合第一グランドに2面のピッチを作り、4年以下と5年以上に分かれて、試合をしました。


8人制 15分ハーフ 3勝3敗1分
 6年生主体  3勝0敗
 5年生主体  0勝1敗1分
 6,5年交替   0勝2敗


6年生は、前日コーチから、それぞれが課題をもって、試合に臨むよう指示がありました。
連携プレイや、個人で球際で負けない粘りや、鮮やかなインターセプトがある一方、雑なパス、クリアや、決定的な場面での枠外のシュートもあり、冷静に状況把握することとか、精度をあげることを意識していく必要がありそうです。
でも、相互の声かけの声が以前よりはっきり聞こえるようなりました。

5年生は、試合続きですね。
先日の大会では、自分たちと同じ学年の他チームの試合を見る機会もあり、実際に自分たちも試合をし、感じることや考えることもあったと思います。
夏合宿以来、久々に5年生試合を見ましたが、おとなしくなってしまったような?印象がありました。
15分間、集中力を保つのは、まだ難しいかもしれませんが、チームメイトの良いプレーを活かす、次のプレーができるよう周りの声を聴くことができると、良いのではないでしょうか。

夏の終わり「いよいよ自分達の番だ!」と、気合が入っていましたね。
こうした練習試合で経験値をしっかり貯めて、公式戦で活かせるよう頑張ってください。

急な設定にもかかわらず、1日練習試合にお付き合いくださったTTKさん、ありがとうございました。

グランド準備・整備にご協力いただいた保護者の皆さんもお疲れ様でした。
また、こうして練習試合があった際には、ご協力をお願いします。

101127a.png
現在、東大和警察署では防犯対策の一環で「景観対策」を実施しているそうです。

今日は、大南東公園で、新たに花壇をつくり、らくがきを消し、公園をきれいに掃除するというイベントがあり、自治会の方々や少年野球チームの部員と一緒に、ビクトリー村山FCからは1~3年生と6年生が参加しました。

花壇づくりは、指導係の方の指示に従い、低学年がスコップを交替で持ち、数種類の小さな花を500株植えました。

公園内の構築物のらくがき消しは、6年生が刷毛やローラーを持ち、ペンキ塗りをしました。

約1時間半くらいでしたが、殺風景だったところに花壇ができると、やはり気持ちが和みますね。

これからも、きれいな状態を保つことが大事です。

普段から、この公園で遊ぶ部員もいますが、自分が蹴ったボールが花壇にいかないよう注意するようになってくれればと思います

101127.jpg
前回の結果により、シルバートーナメントに参加。
キャプテン隆之介で行いました。


≪ 15分ハーフ  8人制  ≫

①  VS  羽村富士見         0  ―  3  ●
 
②  VS  武蔵スポーツクラブ     3  ―  0  ○  (聖央・歩・清雅)
 
③  VS  FC  VICTORIA       0  ―  2  ●

☆ 結果  16位中14位 ☆


前回同様、5年生主体のチーム編成で試合に挑みました。


1試合目は、開始直後からおされぎみで、ハラハラ・ヒヤヒヤする試合でした。
動きも悪く、連携もあまり良くなく、前半10分・後半2分・後半4分に入れられてしまい、残念なスタートになってしまいました。
< コーチ コメント >
・ 全てミスからの失点。
・ ボールを持ってない人がどうやってもらうか。
・ ボールを出したら、その後どうするか。
・ 何をしようか、何が出来るかを考える。
・ DFカバー・フォローの動き。


2試合目は、前試合の反省をどこまで実践できるか、また実践させる為にも同じメンバーで挑みました。
部員にとっては、相手チームに知った顔が多いので断然やる気があるような感じがしました。
少し動きが良くなった2試合目は、前半3分に隆之介がゴール前でパスを出し、聖央がシュート。また、前半8分に聖央がドリブルで持ち込み1拍おいて後ろに下げ、歩がシュート。後半5分にも清雅がシュートを決めました。
< コーチ コメント >
・ スペースを見つけていく。
・ 声を出していく。全体的に元気がない。
・ 8人でやっていくゲームなのに、一部しか動けていない。
  1人1人がサッカーをやる。試合に出た人は自分がやる気を出す。


3試合目は、双方ともに攻め合いの試合になりました。
ビクトリーもCKやシュートも幾度かありましたが、点数に結びつける事が出来ず、後半6分にちょっとした隙をつかれ、浮き玉がそのままゴールになってしまい、その1点に負けてしまいました。


< コーチ コメント >
・ 今回の試合は今までの練習が活かせてない。
  これからの練習をもっと頑張り次のチャレンジに繋げてほしい。

残念ながら、今回は星の獲得はなしでした。

全体的に、走りが足りなく、ただ蹴るだけのキック(パス?)やボールを避けてしまったり、基礎的な事が出来ていなかった様に感じました。
上位に>いるチームは、メンバー全員が走り、ボールに対して関わろうという意識が見え、また、スペースの使い方・体の使い方が上手でした。

基礎が出来ているからこそゲームが良くなります。
地道な練習こそが勝利の一歩です。
次こそは、皆で勝利を勝ち取れ!! 応援してますよ!!!!!

101123.jpg
本日は、昨夜からの雨で試合が決行されるのか心配されましたが、30分遅れで小雨が降る中開始。
ぬかるんだグラウンドでの試合になりました。


《 8人制 15分ハーフ 5年生以下の編成チーム(ビクトリーは4・5年合同チーム) 》

① VS むさしのスフィーダ2004  0 ― 2  ●
② VS 河辺スーパーキッズ    0 ― 3  ●
③ VS FC VICTORIA       2 ― 0  ○


1試合目は、前半12分に相手のCKからの展開で点を奪われてしまいました。その後、前半15分にも追加点を入れられてしまいました。
後半、CK等もあり良い攻めもありましたが、得点に結びつかず敗退。

2試合目は、元気のよい掛け声から始まりましたが、試合になると静かになってしまい、前半5分に失点。後半11分にはペナルティエリア内でのファールによりPKで1点入れられてしまいました。その後、集中が切れ後半12分にも入れられてしまい、負けてしまいました。

3試合目は、少しぬかるみにも慣れてきたのか、少しずつ積極的に。
前半4分蓮のシュートで1点。その後前半8分に隆之介がパスを出す感じで一呼吸おき、不意をついたシュートで追加点。その後は、流れもよくチャンスも幾度かありましたが、なかなか得点には結びつきませんでした。

今日の試合は、全体的には集中力がもう少し欲しかった様に感じました。
パスを出したら次へと走る、パスをもらう為に動く、等皆が積極的に関わっていけばもっと点に結びついてのではないかと思います。
でも、あのぬかるみの中、泥や水たまりを気にせず、ヘディングやカットを果敢に行い頑張ったと思います。
27日は、残念ながらシルバーリーグでの戦いになってしまいましたが、上位目指してガンバレ!!!!! 皆のやる気が勝利に繋がりますよ!!!


* 本日の星 ゲット *

ゴールド :  隆之介........バックで大きな声で指示を出していた。
                攻守共に出来ていた。得点が出来た。
  赤   :  佳吾............キャプテンを頑張った。
                オーバーラップ・良いパスが出来た。
                (本人的にはびっくりのゲットのようでした(^-^) )

101121.png
コスモリーグでお世話になっている所沢ウィングスFCさんにお誘いいただき、
5月に続き、「第2回 CARO CUP 」大会に参加しました。
<所沢ウィングスフットボールクラブ主催/協賛Cutina Italiana Caro>


★8人制15分ハーフ 8チームトーナメント

1回戦 vs 大泉東サッカークラブ 1-2 ● (弘夢)
2回戦 vs 関前サッカークラブ【B】 3-0 ○ (弘夢、大輝←敦成、敦成←大輝)
3回戦 vs 東大和2FC 2-1 ○ (大輝、流正←敦成)

☆優秀選手賞 翔汰

<優勝:関前サッカークラブ【A】さん>


今日は6年生だけで、控えなし8人で参加し、全員フル出場でした。

緒戦は、豪快なファーストシュートを放ち勢いがありましたが、得点が出来ず、粗さが目立ち、ミスからの失点で、黒星スタートとなりました。

2戦目は、ポジションを替えてみました。意外性のあるポジションでしたが、部員たちはうまく対応できたようです。
良い形での攻めが何度も見られ、結果的として得点に結びついたのは3回でしたが、わくわくする場面もありました。

3戦目は、開始直後に失点してしまいましたが、攻守とも、積極的に動き、後半に、追いつき、逆転をすることが出来ました。
疲れている中、最後までよく走りましたね。

3戦通じ、部員全員に、それぞれ「あの時の、あのプレイは良かったね!」と言える内容でした。

その結果、敢闘賞(下位トーナメント優秀チーム)としてトロフィーをいただきました!!

このチームで試合できるのは、残すところあと2大会です。
今日の経験を忘れずに、日々の練習を頑張りましょう。

101120.jpg
今回は、所沢ウィングスさんと練習試合をさせて頂きました。
急な日程だったので、いつもの人数が揃いませんでしたが、日頃はなかなか出場に恵まれない部員もフル出場し、とても良い経験になったと思います。

試合は、3,4年生合同と5年生+4年1名(交代メンバー有)の2チームで、8人制12分ハーフで試合を行いました。


①  4年 〇 3 - 0                                                  前半4分 清雅のCKから大がシュート                                  後半6分 清雅⇒ゴール前までもってってシュート                             後半8分 駆⇒清雅のシュートがこぼれそれをシュート


②  5年 ● 0 - 4                                                   前半5分・9分 後半9分・12分 に失点。                                      声かけもなく、バランス・フォローも少なく失点につながりました。

③  4年 〇 3 - 0
前半2分 清雅
前半4分 遼
前半9分 遼⇒ゴール前でもみ合いこぼれてきたボールをシュート

④  4年 〇 5 - 0
前半8分 清雅⇒FKから直接シュート
後半6分・9分・11分・12分 心⇒ドリブルで持ち込みシュート

⑤  5年 〇 2 - 0
前半   清雅
後半7分 大

⑥  4年 〇 7 - 0   20分ハーフ
開始1分 駆⇒心のシュートがはじかれそれをシュート
   5分 心
   6分 清雅  (A;駆)
   7分 清雅
   10分 大
   13分 心
   15分 清雅のCKから大がシュート

⑦  5年 △ 0 - 0
前半にシュートのチャンスもあったがセーブされ得点につながらず。


3・4年の試合は元気いっぱいで、誰もが得点を決めたい気持ちがあり、シュート回数も
得点も多かったです。
ただ、残念なのはその気持ちが大き過ぎて、ドリブルで持ち込みシュートという形での得点が多く、味方が呼んでいてもパスを出さなかったり、スペースを見なかったりと、1人でのプレーが目立っていた様に感じました。
8人で行うゲームなので、もっと上手いゲームメイクが出来るともっと強くなると思います。

5年生の試合は、もっと声を掛け合い相手に気持ちを伝えて連携していけばチャンスはもっとあったはずです。誰かに頼るのではなく、自分が攻める・守る・ボールをもらう・奪うという事に意識を持てば上手くなっていくと思います。ガンバレ5年生!!!

また、5年生は学校につくとまた練習。
ポジションや動き等丁寧に教えてもらっていました。
とても、貴重な良い体験になったと思います。
丸い1日本当にお疲れ様でした。


今回の星 ゲットは!!

岩下コーチ
  ゴールド⇒遼....コーチとの約束した事ができた。
          オーバーラップが出来た。
          2得点出来た。
   赤  ⇒岳大..0点でおさえた。

志賀コーチ
   赤  ⇒駆....試合中や体操、常に大きな声を出している。

直コーチ
   赤  ⇒龍斗..初ポジション・サイドバックを頑張った。
   赤  ⇒歩....一日よく走り、よく動いた。

以上のように、得点するだけが星ゲットの条件ではありません!!
日々言われている事、当たり前の事....これが忘れがちな皆さん。
今一度、練習・試合での自分を見つめなおし、星ゲットを目指せ!!!
チャンスは全員にあるぞ!!!!

試合を組んで下さいました、所沢ウィングス様ありがとうございました。
また、是非お願い致します。

サッカー大会から3日経過しました。
試合参加の保護者の皆様、筋肉痛は治まりましたか?

お寄せいただいた感想コメントをご紹介します。


日頃の運動不足を実感した一日でしたが、とても楽しかったです。企画・準備等、ありがとうございました。


心の通う温かい企画でしたね!大成功デス! ステキなパパ達の活躍に驚き、負けてたまるかモードの本気顔の子供達に感動!!見応え満点でした。


父親は疲れた~と言っていました。あと、審判の難しさを感じたようです。良い経験になりました。やはり、子供は体力ありますね。違いをひしひしと感じました。


とても楽しかったです。
負けるのはわかってますが自分の子供の学年とも試合やってみたかったです。


初めに保護者の紹介があるとなお交流しやすかったのかもしれないですね。
保護者vs指導者のリベンジマッチを是非ともお願いいたします。


昨日はこのような機会を作っていただき、子供とのいい思い出ができました。
ありがとうございました!


当日夜から足が痛いですですが、久しぶりに走れてとても楽しかったです!また参加したいと思います。


今日は楽しかったです~(^∀^)ノ主人は足がもつれて思ったよりも動けなかった事がショックだったみたいです


5年生が保護者と対戦する事がなっかたので残念がっていました。息子は現役二人と監督も入ったら勝てないよ~と言ってました。なかなか交流の持てないお父様方も和気あいあいでとてもよかったと思いました。また、企画してたくさんのご家族の方に参加して頂きたいと思いました。部員と闘ってみて見ているのとやることの違いを改めて感じ、益々応援してあげたくなりました。


初めて審判フラッグを振りました。緊張でバタバタしてしまいました。瞬間の動作は難しいですね。スマートに審判されるコーチたちを改めて尊敬しました。


コメントをくださった皆さん、ありがとうございました。
5年生の部員と保護者の方、親子対戦が組めず、ごめんなさい!

今回は、母親チームと父親チームに分けましたが、学年別で親子対決だと、
お互い気合が入りそうですし、ゲームだけでなく、ドリブル競争のアイデアも
いただきました。

次回の企画の参考にしたいですね。
(リベンジマッチを実行するとしたら、年度内に、もう1回行うかも?)

101107.png
今年の4月以降、部員が16名増えました。

そこで、今回、保護者同士の交流と親子でサッカーの楽しさの再確認を目的に、「親子サッカー大会」を企画しました。

開会式では、大瀧監督から、15年前からビクトリー村山FCのコーチを務め、部員を指導してくださっている志賀コーチが11月3日に武蔵村山市から一般表彰(善行/青少年育成)を受章したとの報告がありました。
キャプテンと育成会から花束贈呈を行いました。

その後、運動不足であろう保護者のため、準備運動を丁寧に行い、
親子対決の試合を行いました。



キッズの部(リーグ形式) 5分ハーフ グランド半面
1位   3年生チーム
2位   母親チーム
3位   1,2年生チーム


ジュニアの部(トーナメント形式) 10分一本勝負 延長5分 PK戦 グランド全面
1位   父親チーム
2位   6年生チーム
3位   4年生チーム
4位   5年生チーム


キッズの部、母親チームは試合前、転ばせたら悪いし、加減が難しい?と話してましたが、コートに入ると、いつのまにか真剣モードです。
1,2年生には余裕があったものの、3年生のスピードには残念ながら
ついていけませんでした。
元気はあるものの、5分ハーフでも途中で、息切れしてしまします。

部員が試合中、動きが悪いと、「もっと走れ~っ!!」なんて言ってしまい、「だったら、お母さんが走れば」と言い返されてしまいますが、実際、走り続けるのって、ホントに辛いですね。

ジュニアの部、父親チームが大活躍です!!
1回戦目は、4年生チームと対戦し、延長戦でも決着つかず、PK戦へ。
PK戦は父親キーパーが、体格有利でゴールを塞ぐ一方、なかなかシュートが決まりませんでしたが、高い位置のシュートが決まり、決勝へ。

決勝は、6年生チームと対戦です。1回戦目より、連携が良くなり、なんとコーナーからヘッドで得点し、優勝です。

しかし、ここで、監督が「まだ、優勝は決まらない」と。
指導者&OBチームとのスペシャルマッチを行うことになりました。

大人同士の激しいあたりがありました。
結果は、父親チームが勝利し、3戦全勝です。
父親チームで最年少は32歳だそうですが、皆さん、良く走り、ボールも遠くに蹴って、お見事でした。

閉会式では、1位のチームのメンバー全員に監督から賞品が渡されました。

子供が頑張ってるサッカーを、親子で楽しんでいただけたかと思います。
試合や、観戦を通じ、保護者同士の会話も弾んだかと思います。
保護者がサッカーに興味を持つことで、子供自身がどんどんサッカーを好きになり、練習も頑張るようになるでしょう。
お父さんたちは、今日だけといわず、今後の練習の時にも、是非、
参加していただければと思います。

指導者の皆さん、今日グランドにお集まりいただいた保護者の皆さん、今日1日お疲れ様でした。ゆっくり体のメンテナンスをしてください。

今日、グランドに来れなかった保護者の方も、部員にどんな感じだったか話かけていただければと思います。

後日、保護者の感想コメントを掲載していきます。

秋晴れ

2010年11月03日
101103.png
日曜祝日の主な練習場所の「野山北公園グランド」
ここは、団体予約がない時は、一般開放されています。
他の公園では禁止されている、野球やサッカーが出来る数少ない公園なので、天気が良い日は、スポーツを楽しむ親子連れが集まります。

また、周辺には、冒険の森といったアスレチック場、ドッグラン場、日帰り温泉「かたくりの湯」もあり、駐車場は満車になります。

秋晴れの今日は、野山北グランド午後練習でした。
既に駐車場は満車で、駐車待ちの列が出来ています。

グランドも、バトミントン、キャッチボール、サッカーと遊んでいる親子がたくさんいました。

その中にユニフォームを着た部員が集まり、準備運動を始めると、
遊びをやめ、グランドの外に移動してくださいます。

小さいお子さん連れがしばらく遊んでましたが、ボールを使うパス練習を始める頃に、「あぶないので」と声をかけました。
「わからなくて」とおっしゃいながら、移動してくださいました。
心苦しい瞬間です。

野山北練習の時は、練習参加者が若干減ります。

学校の校庭工事が予定通り、いえ早く終わってくれると良いのですが・・・。

今日も、部員たちは低学年、高学年に分かれ、グランド全面を使って、練習に励みます。

先週末の練習で雨に濡れたビブスを、お当番さんが持ち帰り洗ってくださいました。
部員がビブスを袋から出しながら「やった!洗濯したての良いニオイだ!!」と言いながら着ていました。
(ちなみに洗剤は「ボールド」だったそうで、まさにCMの再現でした^^)

チームの練習活動を続けるために、保護者として出来ることをそれぞれの立場で続けられたら良いな・・・と思いました。