本日 217 人 - 昨日 368 人 - 累計 323815 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

2010年度の試合成績

2011年03月29日
平成22年度は16ブロック大会やコスモリーグの他に、たくさん練習試合も行いました。
把握している記録の範囲での集計結果です。
学年得点失点
6年15321350119
5年1928478134
4年251027829
3年16766241
2年-6---
758325268336



得点ランキング
学年1位2位3位
6年敦成 9点大輝 7点弘夢 6点
5年歩 24点蓮 13点圭吾 12点
4年清雅 18点大 15点心 13点
3年大介 16点遼朋 15点真理 10点



上に名前にある選手が得点に至るまで、
相手のシュートを防ぎ、ゴールを守る選手
相手からボールを奪う選手
ボールをキープし、パスを出す選手
ドリブルで運ぶ選手
ラストパスをだす選手
がいます。

ピッチの外には、ベンチから応援する部員もいます。
次の試合こそ出たいと、練習を頑張る部員もいます。

今年度の経験値を、次年度でさらに積んで、サッカーを楽しんでください。

0327.jpg午前中の練習の後、恒例の6年生を送る会を行いました。

ビクトリー村山FCではイベント時は、たいてい豚汁が振舞われます。
今回も5年生の保護者の方が作ってくださいました。

参加者は場所の都合上、昨年夏の合宿に参加したメンバーとなりました。

今年度卒団する6年生は9人です。
この学年の部員は4つの小学校に分かれていますが、仲がよく、まとまりのあるチームでした。
進学する中学校も、4つに分かれます。
皆サッカーを続ける予定で、それぞれクラブチームと部活に活動の拠点を移します。

5年生から6年生への言葉かけ
平成22年度の大会成績にかかる賞状やメダルの授与
思い出のスライドショー上映
6年部員から母親への言葉
チームからの記念品贈呈
指導者からの言葉

和やかな会では、時折涙ぐみそうになりました。

次年度のキャプテン・サブキャプテンの選出が終わり、現キャプテンから新キャプテンにキャプテンマークが手渡されました。

6年生は、今日をもってビクトリー村山FCを卒団しました。
温かく送り出してくださった皆さんに感謝します。
お世話になりました。

2010年度最後の練習

2011年03月27日
0327a.png
穏やかに晴れた3月最後の日曜日は、平成22年度最後の練習日でした。
今日は村山学園校庭で練習です。

ゴールポストは中学生用の大きめのものですが、2年ぶりに校庭グランドにピッチを作りました。
ホームグランドはやはり良いですね!!

校庭の防球ネットには、6年生が作った横断幕を掲げました。

今日はミニゲーム中心の練習で、最後の試合は6年生対指導者&5年生チームとの対戦でした。
青田コーチが鋭いボレーシュートを決めたり、宣コーチがハットトリックを決める等、指導陣が楽しんだゲームだったようです。

その後、青田コーチのキーパーvs6年生でPK対決をしました。
ナイスシュートとナイスキャッチを繰り返し、皆笑顔です。

最後に、6年生は校庭グランドをブラシがけをし、練習終了です。

平成22年度は、比較的天気に恵まれ、練習はたくさん出来たと思います。
指導者の皆さんと保護者の皆さんの協力があって、行うことが出来ました。
1年間お疲れ様でした。
ご協力ありがとうございました。

来週から、新年度が始まります。
新たな体制で頑張ってください。

練習試合 その3

2011年03月19日
0320.png
今日はビクトリーは2年生以上部員29人参加しています。

20分ハーフの6年生試合の後は、5年チームで試合を行い、午前終了です。
午後は、4~6年混合のチームで、15分1本の試合を繰り返しました。


5年主体   0-6 ●


4~6年混合
0-0 △
0-2 ●
1-0 ○ (歩)
1-0 ○ (弘夢)
1-0 ○ (翔汰)


秋以降、5年生は4年生とともにコスモリーグを行い、6年生とは別行動でした。

久々の混合試合でしたが、6年生は大きな体格と安定した動きで、ピンチを防ぎ、チャンスも作ります。

4、5年生は動きだしが速い選手と、ボールを見てしまうの選手といました。
試合後のコーチのアドバイスをよく聞いて、何をすればよいのかイメージして練習すれば、試合に繋がるのではないでしょうか。頑張ってください。

特別マッチとして、両チームの指導者と保護者がチームを作り、それぞれのチームと対戦しました。
いつも審判は大人ですが、今回は、子供が審判です。
卒団イベントっぽくて良いですね。

結果は、2試合とも、大人チームの圧勝でした。
子供たちのオフサイドの判定をものともせず、さすがのテクニックで、子供達を圧倒していました。枠外シュートも多かったですが、皆さん楽しそうでした。

今回の震災で、何気ない日常生活の有難さを痛感しました。
大人も子供達も不安かと思いますが、大好きなサッカーができる幸せに感謝ですね。

アブローラ武蔵村山さん、今日は1日ありがとうございました。

0319.png
昨日までの冷え込みから一転し、穏やかな陽気となった3連休初日、武蔵村山市総合第2グランドで6年生の最後の試合を行いました。

相手は、同じ市内で、今年度、春夏と練習試合を行ったアブローラ武蔵村山さんです。


20分ハーフ
 vs アブローラ武蔵村山  1-1 △ (昂平)


笑顔でピッチに入り、円陣を組みます。
いつものような、固い立ち上がりではなく、落ち着いたボール運びが出来ていますが、決定力がありません。
前半は0-0で折り返します。

後半に入り、ペナルティエリアにボールを持ち込まれ、囲んでいたものの、角度のないところからシュートを決められ、先制されてしまいました。

しかし、気持ちを切り替え、プレーを始め、ほどなくして、中盤で奪ったボールを右サイドに振り、ドリブルで少しキープしながら、豪快に放たれてたシュートが、ゴール左上隅に突き刺さり、同点に追いつきました! 
(得点した選手は、最近、どこからでも強いシュートを打つので、「キャノン」と呼ばれていました。)

さて、この後、逆転するか、逆転されるのか、見てる保護者はドキドキです。

結果は、ドローでした。

去年の4月以降、コーチから「試合では、一人ひとり課題をもって、それをクリアするよう頑張ろう」をずっと言われてきました。
今日の試合で、やろうとすることが出来た部員が多かったようです。
学年コーチとの試合後の話も和やかでした。

最後に、部員から、休日返上でずっと指導にあたってくださった宣コーチに、感謝の言葉を送りました。

この連休と、来週末でいよいよ卒団です。

0319a.png
3/11に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、計画停電が行われる等、この1週間落ち着かない日々が続いています。

このような不安な状況となり、当初は4チームでの交流戦を予定していましたが、急遽、同じ市内のアブローラ武蔵村山さんとビクトリー村山FCの2チームによる練習試合に変更し、行うことにしました。

アブローラ武蔵村山さんとは昨年7月の市内リーグ以来の試合です。


15分1本
1-1 △ (遼朋)
2-0 ○ (遼朋2)
3-2 ○ (将太朗、真理、オウン)
1-1 △ (大介)
1-0 ○ (遼朋)


2,3年チームは9人の参加で、交代メンバーが1人しかいない状況でしたが、全員最後まで一生懸命走って頑張っていました。

双方のチームとも、声がよく出ていて、元気いっぱいでした。
3年生は、来月には新4年生となり、フェアプレーカップ大会16ブロック予選が予定されています。
武蔵村山勢として、両チームとも活躍をして欲しいと思いました。

0324b.png
本日、コスモリーグ最終戦が行われました。
最後という事もあり、コーチからは

* 目標を持ってプレーする
* グラウンドが広いのでスペースを使う。 足が止まったら終わり!!!
* スペースがあるから相手にプレスをかける。 プレスを掛ける時はくっつきすぎない。
* 結果はいいから、コーチが以前に配布したアドバイスの内容に対して頑張ってみる。

との、言葉掛けがありました。


〈 5年生試合 8人制 20分ハーフ 〉
VS ビゴーレ A      ●  0  ―  6


〈 フレンドリー 15分 X 2本 〉
VS ビゴーレ B    ① △ 1  ―  1 
                10分 歩
              ② 〇 1  ―  0
                16分 龍斗


前半立ち上がり1分、相手がドリブルでかわしながらそのままシュートに持ち込み先制点を奪われてしまいます。

その後も、上手く流れをつかめず、4分・8分にも失点。

時間が経つにつれ、良い形をつくりチャンスにも恵まれますが、決定力がなくゴールに結びつける事が出来ませんでした。

後半も、流れ的には悪くないものの、パスが繋がらなかったり、相手ボールを奪う事が出来ず、7分・11分・14分と得点を許してしまいました。

ゲームの流れとしてはさほど悪くもなく、キーパーもナイスセーブやナイスキックが出来ていたものの、やはり中盤が空いてしまったり、動きが止まってしまったり、駆け出しが遅かったりするので、相手に抜かれてしまったり、得点に結びつかないという要因になっていた様に感じました。


<直コーチより>
目標に沿って頑張れたか。
ちょっとずつ型になってきているが、個々の能力をもっと上げる。

☆ 赤星 ⇒ 幸希 / それなりにセーブしていた。今後も指示も出していく。
          今後の期待も込めて。

〈志賀コーチ〉
・Aチームにはまだまだ勝てない。
 技術があってからフォーメーションが大事になってくる。
 1人1人の技術が必要。その為には、土日の練習ではダメ。
 努力をしなければこのままになってしまう。     

・良いプレーもたくさんあった。
 シュートしようと思い過ぎ、中盤が空いてしまうのでもっと意識する。

・相手が5人いるのにDFが3人しかいない。⇒その状況を考える。
 ⇒慌てて飛び込まない、遅らせる。 そうすると、中盤を戻すことが出来る。


 皆そこそこ出来ていたが、まだ0.5ポイント!!!次に出来たら星に繋がるから頑張ろう。

0306.png
今年も例年どおり、4年生以上の部員24名がロードレース大会に参加しました。

小学生は3キロのコースを走ります。
4年生は初めて
5年生は2回目
6年生は小学生最後の
それぞれのロードレースです。

晴天に恵まれ、暖かい日差しの中、走ります。

果たして結果は・・・


4年生の部(参加者86名)
優勝 遼   11:32
3位  清雅 11:35
6位  大   12:25


5年生の部(参加者83名)
6位  歩   12:19


6年生の部(参加者90名)
優勝 大輝  11:04


入賞者は以上のとおり 立派な成績です。
4年生は、皆が1位を目指していたので、優勝できなかった部員の中には、悔しくて泣いてしまう子もいました。来年、頑張ろうね!

6年生の優勝者は、昨年、3位でした。今年、その時の雪辱を晴らしましたね。
おめでとう!!

入賞はしなくても、自己ベスト記録を更新した部員もいました。
何よりも、全員が完走できて良かったです。
皆立派でした。

ロードレースの後は、5年生の保護者が作ってくださったカレーライスを皆で食べて、今度は野山北でサッカーの練習です。

忙しい1日、お疲れ様でした。