本日 225 人 - 昨日 368 人 - 累計 323823 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS
3/31、AM10時に村学に集まり少し練習し、おにぎりを食べてから会場へ出発。
すると、ポツポツと雨が......。
コスモのある土曜日は何故か雨ばかり(T-T)
ドンドン雨足は強くなります。...が、試合は実施!!
雨・風共に強く、2試合目にはグランドは水たまりばかり.....。
戻ってくる部員や、ベンチで応援する部員は寒さに震えていました。
雨でも雪でもやるのがサッカー!!! とは、言いつつも厳しい試合環境でした。


0331.png
《 8人制 20分ハーフ 》
① VS 拝一ウィングス      ○    2    ―    1
                 前半12分 駆        後半 4分
                 後半7分 遼朋
② VS サンデーSCブルー   ●    0    ―    10
                                前半3・5・15・16・17分
                                後半1・2・7・8・13分


《1試合目》
試合前、志賀コーチより 
・失敗してもめげない  ・スペースを使う ・ボールキックの場合風があるから右左にも蹴る   等々 コメントがありました。

5分、良い展開でのシュートがありましたがキーパーにはじかれてしまいました。
良い攻めも幾度とありましたが、なかなか得点には繋がりません。
12分駆のふわっとしたループの様なボールが決まり先制点。
後半になると直ぐに、大介からサイドにいた遼朋へ良いパスが出て、その遼朋もまた体をキープし次へ良いパスを繋げましたが、シュートには持ち込めず...。
そんな中、4分相手チームの強いシュートが入ってしまい同点に。
しかし、7分に相手をかわし遼朋がシュート。決定点になりました。

心のフォロー・カバーが良く出来ていました。
しかし、パスの連係ミスやeasyなボールカットの仕方、相手の前に出てボールを取る、ボールを出したら自分も走り出す→ボールをもらう、相手の攻撃の流れをつかむ(GK→バックへのパスが多い等) 基本的な事でチャンスを失くしていたので勿体無いと思いました。

《2試合目》
寒さに耐えながらも続けて試合。
グランドはぬかるみ、滑りやすく、ボールも進まない状態でした。
でも、それは相手も同じ。 この試合結果に、何が違ったのか考える事が次の試合に繋がり、成長になります。
相手チームは常に、声が大きく出ていて、指示出しもありスペース作りも上手く、しっかりとしたポジション取りが出来ていました。
ボールを持った時の冷静さもありました。

点を取られた時にこそ、落ち着いて、声を出し確認をする事が大切です。
いくら点を取られても諦めなければチャンスは必ずあります。
このチームには、それが出来る力があるはずです。 
ここ最近の試合を見ても、良いパス出し・良いかわしが見られます。
後は、本当に基礎です。
トラップ・走り出し・首を振り周りを見る・意識したプレー......。
次は絶対勝てるはず!!!  期待してますp(^^)q  



《コーチより》
1試合目は良く出来た。判断力があったから早く動けた。
2試合目は相手の感じる速さ・周りを見る速さが違った。
プレーには色んな速さがある。状況に応じて判断する。

今回の★ゲット!!      

金  大介→サイドの遼朋への良いパス出しが2回あった。DFに入った時のカバーリング
赤  駆 → 声が出ていた。先制点。動き出しが良かった。
        (ボールキープ・トップの仕事が皆出来たら金!)
   心 → 良いカバーリングが出来ていた。
   勇仁→良い頑張りがあった。

今回☆が出なかった 真理・遼朋・宮内・岳大も良いプレーは何度もあった。
遼のドリブル・真のスペースへの動き出し、ボールを受ける向き 等々

ただ、4人はまだまだ出来るはず! なので今日は獲得にはならず。

チームとしてはまだ足りない所はあるが今後に期待できるに内容だった。

0331a.jpg
午前中の練習の後、恒例の6年生を送る会を行いました。


参加者は場所の都合上、四年生以上のメンバーとなりました。

今年度卒団する6年生は8人です。

皆でお弁当を食べた後、各学年の出し物、大会の表彰があり、保護者からの贈る言葉、指導者からの贈る言葉、そして、6年生からの作文がありました。

 日頃、6年生になると親に口答えはしても、感謝の言葉は出ない年頃です。しかし、この日は親への感謝の気持ちを口にしていました。6年生の親は灌漑深いものがあったのではないでしょうか。6年生の保護者でない私にも胸にぐっとくるものがありました。

 本人たちも作文に書いてあった様に、卒団までサッカーをやって来れたのも、保護者が協力してくれたからだと思います。又、根気よく指導して頂いた監督・コーチがいてくれたからだと思います。でも、何よりも最後まで頑張って続けてきた6年生本人の根性があったからだと思います。
 一つの事を長く続ける事は本当に大変な事です。本当によく頑張ったと思います。お疲れ様でした。
 そして、下級生にサッカーを教えてくれたり、部の為に事前準備や片づけ等、見えない所で動いてくれた事、本当にありがとうございました。これから中学に行って、部活や勉強に頑張って欲しいと思います。

又、6年生の保護者の皆様。今までお疲れ様でした。本当に大変だったと思います。これからは私たちも子供たちが楽しくサッカーが出来る様にサポートして行きたいと思います。今度は気軽にいつでも遊びに来て下さい。
 ありがとうございました(^-^)

24日は、5年生にとって久しぶりのコスモ。
5年コスモは何故か、その日になると雨ばかりで中止に....。
あまりに続き知らせを聞く部員は涙ぐむ位でした。
24日も天気予報とは違い午前中は小雨....。
部員の表情も不安顔。 保護者の携帯メールが鳴る度に『中止?』とビクビクでした。

それでも、試合が始まると晴れ間も(^^)v
久しぶりの試合に5年生は気合いが入ってました。


《 5年コスモ 8人制 20分ハーフ 》
① VS 梧桐      ○     6     ―     4
            前半 真理・宮内・駆
            後半5分 真理・14分 心      後半5分・12分・18分・20分
               17分 雄太    
② VS 花小金井シューターズ 
              ○     4     ―      1
         前半3分 遼朋・6分駆・9分遼朋     後半11分
         後半3分 遼朋


1試合目 VS 梧桐    

前半始まってすぐに真理がゴールを決め、幸先良く始まりました。宮のシュートはロングシュートで、前半終わりくらいに駆がゴールを決めました。
後半は相手チームがCKからの展開で先制点。しかし、その後すぐにGKから受けたボールをゴール前にいた駆がサイドから上がってきた真理へ出しシュート。
その後、ファールを取られFKを直接決められたり18・20分にも立て続けに決められましたが、14分に心がキーパーと一対一になりシュート、一回はじけたのを再度打ち込み決めました。17分には真理が蹴ったシュートがはじけたのをすかさずフリーでいた雄太がシュート。ゴールサイドに決める良いシュートでした。


2試合目 VSシューターズ   

1試合目とはフォーメーションを変え、センターバックに真理・左サイド大介・右サイド宮内・中盤に瞬・心・遼朋・ワントップで駆で試合開始。

駆や心の大きい掛け声のある試合の始まり。3分に心が体を右サイドに振り返り遼朋にボールを出しシュート。
シュート数は多く、右サイドの遼朋がフリーになる事が多く、そこにボールが集まる展開が多かったです。
6分・9分にも追加点。後半ではポジションを変えたりメンバーチェンジしながらのしいでした。



個々のプレーは上手くなっていて、振り返りやドリブル、かわしなど出来ていました。
しかし、ファーストボールのカットの仕方やトラップ、ボールをもらう際の走り出し、他の人がボールを持っている際の動き、等課題はたくさんです。
特に、カットやトラップも味方へ繋げられるものにしなければ、来たボールをただ止めただけになってしまいます。
ボールが動けば試合は動きます。瞬時の判断・周りの動き・スペースを見極めればもっとよくなると思います。

また、サッカーはチームワークなので熱くなっても相手を思いやる声掛けができるといいですね。


【小泉コーチから】
出発前に聞いた課題が1人1人できたか?
「諦めない!」→ボールを追いかける・取り返す等....。
周りの声掛けがもっとあるといい。

赤☆ゲット!→宮内/攻められた時のカバーリング・DF時に攻めたいのを我慢してDF徹底していた。

追悼

2012年03月11日
練習の途中、14:46を迎える頃、練習場の真中で部員全員で手を繋ぎ円陣を組み黙祷を行いました。

1年前のあの時間、部員たちの多くは学校で授業中だったと思います。
小学生の彼らでさえ鮮明に覚えています。

同じ仲間と同じ場所で、気にせずにサッカーが出来る...........。
当たり前の様で、大変素晴らしい事!!

仲間を・持ち物を・時間を大事にしていきましょうね。


震災にあわれた皆さま、心からお見舞い申し上げます。