本日 225 人 - 昨日 368 人 - 累計 323823 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS
4月29日に全日本予選1次リーグがありました。
出発前には、コーチ陣から「練習してきた事を自信持ってやる・コーチング・オフザボールの動き」等アドバイスがありました。
0429a.png0429.png

《20分ハーフ 8人制》
①  VS 青梅新町FC-A     ○   1   -  0
                        後半1分駆
②  VS 福生3FC        ●   1   -  3
                        後半1分真理      前半2分・9分・後半2分


【1試合目】
全日本予選といういつもとは違う試合会場の雰囲気。
しかも、青梅新町はホームという事もあり、応援も歓声も大きく、その空気感に呑まれてしいそうな状況でした。

お互いに攻めたり、守ったりの攻防戦。
しかし、断然に相手チームの方がシュート数は多かったです。
枠が外れたので助かったのも多かったですが、カバーリングもしっかり出来ていました。

パスカットなどちょっとしたミスが相手のチャンスになってしまいます。急いで適当に出さず、周りをしっかり見て出すと良いと思いました。
また、その後も諦めず取り返す気持ちも忘れてはいけません。
絶対にフリーにしてはいけない選手がいたので、そこに対してのマークやプレッシャーを考えていくともっと違ってくると思います。
また、ボールに振り回されていたのも少し残念でした。
ただ、声出しがとてもよく出ていてやる気の見える試合でした。

決勝点は、大介のCKを駆がヘッドで合わせて決まりました。とてもきれいな素晴らしいゴールでした。

ドキドキ、ハラハラする試合でしたが、6年生が3人だけというメンバーで挑んだ試合での1勝。勝ち取った時は、涙涙....でした。

【2試合目】
今回はフォーメーションをガラッと変えての試合。
あまりやった事のないフォーメンだったからか、動きが微妙で中盤が空いてしまう事が多かったです。
でも、どんな時でも自分で考えて守り攻めるのは、常であり課題でもあります。
こちらの試合でもやっぱりフリーにさせてはいけない選手がいました。
同じ展開・ゴール前にいた同じ選手からの攻撃があったので流れを読むのも大事ですし、ここでコーチングが大事になります。
ただ、守るのではなくどうしたらそうさせないかを考えるのも大切ですね。


それでも、個々はとても強くなってきました。倒されても諦めなくなりました。
とても、進歩だと思いますp(^^)q
走り・振り返り・タイミング  もっと学んでさわやか杯では大きく成長した姿が見られるのを楽しみにしています。


《コーチより》
・ミスはミスで自分で反省し練習する。出来た所もある。次にまた活かそう。
・1試合目 なんで勝てたか→声出し、コーチングが良かった/プレスも出来ていた
・両サイド→オーバーラップが出来ていなかった。相手は出来ていた。
中盤の動き+1人1人の技術UPが出来ればもっと強いチームになる
・2試合目 「4バックの両サイドの上がり」 右サイドをフリーにさせていた。
中盤の戻りが遅くなってしまっていた。

* 今回の星☆ *
赤星/ 龍太 よく頑張りました。
     駆  素晴らしい走りこみ・ヘディングシュートがあった

良いプレスは皆あったけど、当たり前!! 上を目指してもっと頑張ろう!!
龍太は、集合時間でも1番乗り!行く前は「緊張してる」でしたが試合後は「楽しかった」に変わってました(^0^)
4年にとって6年生試合は、迫力ある緊張の場かもしれません。
でも、とてもいい勉強になるのは確かです。たくさん、学びましょうね。

0426.jpgビクトリーのホームグラウンド村山学園で芝生使用が可能となり、『芝生グリーンサポーター』の活動に参加することになりました。

曇り空の中24年度第1回目の芝刈りが4月25日に行われ、ビクトリーの保護者を代表して2名で参加をして来ました!

機械の使い方等を色々と教えていただきながら、40分程で作業は終了しましたが、楽しみながら初めての芝刈りを経験することができました。

現在村山学園で伸びている芝は『冬芝』という種類で、もう少しすると枯れてしまい代わりに『夏芝』という種類の芝が伸びてくるそうです。これから夏に向けて芝生がグングン伸びて子供たちが裸足で駆け回れる位になってくれることを期待しています!

ビクトリーでも、芝生を痛めない練習方法を考えながら使用していきたいと考えています。

最近のビクトリーにとって、コスモ=雨....というのがイメージされていましたが、
いよいよ、コスモリーグ 前期が始まりました。
何故か今回も、天気予報は傘マーク(;-;)
試合開始直前には、霧雨が...。「またか...。2試合目までもって!!!」と願っていると
少しずつ空も明るくなり、雨も上がり無事に2試合消化できました。

0423.png0423a.png
《1試合目 VS 関前‐A》
     ●        1     ―    2
      前半2分  心       後半2分・後半3分 共にCKから
《2試合目 VS ジュベニール》
     ○        1     ―    0
      前半17分 大介      


《1試合目》
出発前には、コーチ陣から
・自信を持ってやる  ・ひるまない ・力を試す ・やることをやっているか
と、言葉掛けがありました。

若干、いつもより動きがかみ合わない時がありましたが、攻められても攻め返すことを忘れない試合内容でした。
ただ、パスの通り・中盤のバランスが今ひとつで、まだまだこれからの試合で学んでいく事は多いようです。
後半では早々に攻められヒヤヒヤしましたが、カットやセーブが上手くいき、難を逃れる事が出来ました。
失点はCKからのもので、どこにカバーに入るか、マークは大丈夫か?声掛けはあったか?こちらも練習が必要です。
得点は、心がトラップしたボールを相手がカットした球が高く上がり、それをシュート。キーパーがはじいてしまい、ゴールへ入りました。

《2試合目》
ファーストタッチができていて、自チームのボールにする事は多くても、パスの出す場所・タイミングに課題があった様に感じました。
また、混戦からシュートには持ち込めても枠に入らずチャンスを逃してました。
岳大も前に出てカットしたり、果敢に守っていました。
相手の攻めに、勇仁の良いカット(DF)や真理の冷静なフォローはとても良かったです。
勇仁のカットは、次に繋げられるカットになりとても成長を感じました。
ただ、相手チームにも同じようなチャンスを与えてしまっていたり、抜かれてしまう場面も多々あったので、考えたプレーをしなくてはですね。
それには、意思の疎通=声掛けが大事になります。
ボールを持った人だけが、プレーしているのではありません。ボールを持っていない人こそ
プレーに関わるべきです。意識を持っていきましょう。
得点は、駆にまわってきたボールをキープして、それをチョンと横にいた大介に出して、シュートに繋げました。(上の写真)


〔コーチより〕
・プレー中、オフサイドだとしても判定は審判に決定権があるので、自分で判断してプレーを止めない。
・ボールを持っている人は周りがまだまだ見えていないから、周りの人が教えてあげる。
・勝ち/負けの結果ではなく、内容。
 結果としては負けたけども、内容は1試合目の方がよかった。
2試合目では、中盤のつながり(センターハーフ)。
パスコースが限られてしまうので、ボールをもらえるポジションに動く。

* 今回の☆ *

赤:心→1試合目のカバーリング・スルーパスが出来ていた
  勇仁→カバーリングよく頑張っていた。 チャンス時のオーバーラップ・声出しが
       出来ればもっと良い。
  岳大→いい飛び出しがあった。コーチングも出来ていた。
  大介→オーバーラップ・意志統一して連携していく。DFのカバーリング。
金:雄太・瞬→期待以上のプレーが出来ていた。
  真理→カバーリングが出来ていた。DFも覚えていく。
  未涼→荷物の片付けも良くやっていて、自ら進んでテキパキやっていた。
      プレーも頑張っていた。

次回は全日本!!!  取れなくてもいいから、プレスをかけていく。


私の感想としては、勇仁と瞬の二人がとてもメンタルが強くなっていて感動しました。
倒れても、ボールがぶつかっても、負けず次に挑む姿勢。ホントに強くなりました。
半年、1年前の彼らならば、立てずプレーをやめていました。
サッカーは心が強くなければ挑めません。 技術と共に心も強くなっていってほしいです。

あとは、慣れないメンバー編成でも味方を信用してパス出しをしていきましょう。
せっかくのスペースやフリーが勿体無いです。
声を掛けてボールを出せば、受け取る側も意識します信用第一ですよ!!

4月から「コスモ前期」が始まります。
今期はAリーグでの参加になりました。

お世話になる「Aリーグ」のチームの紹介です。

・関前SC-A さん
・サンデーSC さん
・所沢ウィングス さん
・FC小平ウエスト・スター さん
・武蔵大和ユナイテッド さん
・東大和2FC さん
・大和北FC-A さん
・FCジュベニール小平 さん
・BS SC さん
・花小金井シューターズ グリーン さん
・FC.VIGORE Jr さん
・国分寺八小レッドイレブン さん

です。

どうぞよろしくお願い致します。
ホームでの試合も組んでいけたら...と思ってます。

部員の皆さん、コスモが始まります。
新6年生、君達の本領発揮の時期が来ました。
硬くならず、自分らしいプレーも忘れず、1つ1つの試合が楽しく、成長出来る物にしましょうね。

0415.jpg
第31回東京都少年ジュニアサッカー大会ハトマークフェアプレーカップ
第16ブロック4年生大会予選

桜の花びらが風で舞う中、第16ブロック予選大会が行われました。
新学年になってから初の試合は4年生4人、3年生7人で挑みました。
(今日の試合、トップ和哉、珍しく創矢がDF,キーパー3年の輝・省吾)


試合結果
 VS  はむら少年SC-紅  1-12   ●
 VS  青梅新町FC     0-3    ●
 VS  青梅FC.Jr    0-6    ●


≪第1試合≫
立ち上がりから攻められ、次々DFが抜かれ、ゴール前でキーパーの省吾が一旦は止めますが、相手は諦めず再度シュートされ決められてしまいます。緊張はあまり感じてないように見えましたが、やはりかなり緊張していたのか皆の足が動きません。次々ゴールを決められてしまいます。相手は皆4年生なのか体も大きく動きが早い。又、シュート力が強いのでキーパーがパンチングしても力負けしてしまっていました。

少しずつ緊張がほぐれたのか、動きが良くなり、元希のナイスDFから未涼へそして和哉へパスし、素早くシュートするも惜しくもゴールを外れてしまいます。

その後ペナルティーエリアでファールを取られPKになってしまいますが、力強いシュートを省吾が正面でつかみゴールを守りました。良い攻めもありましたが、キーパーに止められ、又、相手は落ち着いてボールをキープし周りを見てパスをしますが、ビクトリーはボールばかりに気を取られて振り回されてしまっている様にみえました。

後半、今月から入部の快翔も加わり反撃します。
和哉がキーパーからのパスをDFをかわしゴール前まで持って行き、軽くシュートをしキーパーを超えシュートを決めます。
追加点をと誰もが思っていましたが、残念ながら追加点を上げることが出来ませんでした。

≪第2試合≫
 相手チームとユニフォームの色が被ってしまい、ジャンケンで負けたビクトリーがチェンジする為バタバタとしてしまいました。
 やはり立ち上がりを攻められます。続けて点を取られてしまいますが、敦士が相手のボールを上手くカットし大きくパスを出し攻めシュートまで持って行きますがキーパーに止められてしまいます。

 後半は少しずつチャンスはあったものの生かす事が出来ませんでしたが、キーパーの輝が相手の動きを良く見て何度もキャッチし点を決めさせませんでした。

≪第3試合≫
 この試合は、立ち上がりに攻めチャンスを作ります。しかし、コーナーからのスローインが逆に相手に渡ってしまい、離れた所から大きいシュートをされキーパーを超え点を決められてしまいます。
 龍太の良いカバーや汰成の上手いボールカット、悠のナイスDF、初めてでも大きな4年生に向かって行く快翔の根性等、良い所は沢山ありましたが、攻められてしまう事が多く、なかなかチャンスを掴む事が出来ず、残念ながら今日は勝ちを取る事が出来ませんでした。
 
 今日は普段の元気が無い様に思いました。でも、得点差が開いても気落ちせず一生懸命ボールを追いかけて行っていました。負けてしまう事より、普段の力が出し切れなかった事が残念に思います。いつでも、実力が出せる様に普段の練習をこれからもがんばりましょう。次の公式戦ではは相手に負けない位の元気で試合に挑んで欲しいと思います(^-^)


~コーチより~
★.今日で試合が最後ではありません。これから、基礎をもう少しやって行きましょう。
★.練習の半分位の実力しか出ていませんでした。今日戦った相手とは、これからずっと戦って行きます。スピード・ボールの強さ・キック力が違っていました。これから負けないように練習を頑張りましょう。
★.声かけや元気がありませんでした。一人一人が元気よくやって行きましょう。
★.来週から4年生は上の学年と練習が始まります。今までと違って戸惑うと思いますが、頑張る様に。3年生は、低学年の中で一番上の学年になります。1・2年生の見本になる様に。
★.今日の最終試合をビデオに撮りました。それを見て自分のプレイに役立てて下さい。

~監督より~
今日までの試合は忘れる。
来週からスタンスが変わるので、厳しくなる。
自覚する事。切り替える事。考え方を変える事。
今日、コーチから言われた話を1つでも頭に入れておく事。

0407.jpg
小平元気村にてコスモ後期Bリーグ最終戦を行なわれました。
今日のこの2試合で順位が決定します。
天気の良い割には風が強く寒い中試合が始まりました。
メンバーは6年3人・5年5人・4年2人の10名です。


試合結果
VS  ジュベニール   3-2   ○  駆・心・真理
VS  O.P.J.FC     3-1   ○  駆(ハットトリック!)


~今日チームで意識する事(志賀コーチより)~
・ 周りを良く見る
・ オフザボールでのプレイ。
・ 縦縦を急がない。
・ インターセプトを狙う。


1試合目
≪前半≫
始まりの声に元気があり、期待が高まる中で相手から攻撃をしかけられますが、すぐにビクトリーの攻撃が始まりました。
今日は遼朋の誕生日だったせいか・・・遼朋にボールが集まり、チャンスを作りますが惜しくもキーパーに止められてしまいます。
良い攻めを見せる中で、7分に駆がシュートを決めます。
その後、岳大が前に出てゴールを守りますが、15分にラインから出たかと思うようなボールを相手の選手は諦めずギリギリでくい止め、ゴール前にボールを上げてヘディングで決められてしまいます。

☆.前半の反省として、相手に攻められた時、中盤が下がり過ぎる。フリーの場所が出来てしまうので気をつける。そして、自分のついた相手がどの位置に居るのかをよく見る。

≪後半≫
立ち上がりを攻められ、相手が蹴ったボールが味方の体に当たりゴールされてしまいます。今までならこれで力を落としてしまう所ですが、今日は違いました。
勇仁が相手をくい止めボールを奪い、ゴール前まで行く惜しい展開もあり、7分に海斗からゴール前に出た大きいパスを真理が落ち着いてシュートを打ち決めます。
攻められても、岳大がナイスキャッチで、大介がヘディングで守り、その後、駆がファールを取り、PKを心がきっちり決めました。


2試合目 
≪前半≫
この試合は4年生のトップで創矢が入りました。やはり立ち上がりを攻められます。しかし、すぐに盛り返し何度かシュートをしますがキーパーに阻まれます。押してるぞと思っていましたが、相手が攻めてきてゴール横に外したボールを諦めずにコートに戻したボールがコロコロとキーパーの横をすり抜け入ってしまいます。
しかし、気落ちせず、その後心・駆・勇仁が良い動きをみせました。

≪後半≫
後半は4年生の未涼が入りました。後半になっても疲れを見せず声が出ていました。
良い動きで惜しいシュートを連発しますがなかなか点に繋がりません。
7分に大介がサイドからゴール前に大きなパスを出すと、駆が飛び込んできてきれいなヘディングシュートを決めます。続けて10分にも駆がボレーシュートを決めました。攻められても勇仁が止め、プレッシャーをかけシュートを決めさせません。その後、駆が更にヘディングシュートを決めこの日2勝をする事が出来ました。


~志賀コーチより~
一人一人がやる事が出来たから勝てた。

★.DFが上がった時注意する。DFが薄くなるから取られても良いからシュートまで持って行く。
★.DFのラインがバラバラ。だからオフサイドを取る事が出来ない。サイドバックの二人が心を良く見て連携を取らないとゴールに持ちこまれてしまう。
★.ボールを受け取る時の体の向きを斜めに受けてすぐ前に動ける様に。練習が大事。
★.フリーランニングは出来ていた。
★.インターセプトをよく狙っていて、何度かそこからの良い攻撃が出来ていた。

★今日の金星

駆・・・得点したシュートは全て良いシュートだった。キープもしっかりして、走り込みがとても良かった。
勇仁・・・DFで良くカバー出来ていた。

心・大介・真理はまだまだ出来ます。心は今日外したロングシュートを決められるように。期待をしています。

今日の試合は、本人達が伸び伸びとプレイをしていて、見ていてとても楽しい試合でした。(保護者の感想)

今日の試合の結果で、ビクトリーは13チーム中6位となり、今年度前期はAリーグとなりました。

0402.png
昨日、4/1(日)平成24年度 ビクトリーが始動しました。
新6年生は4人と少ないですが、新キャプテン・副キャプテンと共に皆で力を合わせて、ビクトリーを引っ張ってって下さい。

また、コーチ陣もお二人・コーチ/父母会のサポートとしてお1人 指導に関わって頂ける方が増えました。
本当にありがとうございます。

また、総会も無事に終了し、育成会も始動する事が出来ました。

審判や練習場所、部員の人数 等 問題は山積みですが、部員の1人1人がサッカーというスポーツを通じて、子の成長に反映出来ればと思っております。

今年度も みなさん、ご協力よろしくお願い致します。
楽しく 元気よく 頑張りましょうp(^^)/