本日 222 人 - 昨日 368 人 - 累計 323820 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS
U-12 15ブロック後期戦もいよいよ最終日となりました。
5年生からは哲郎、浩大、拓飛に参加してもらいました。




VS FC p-man 1-7 ●(陽汰) GK 拓飛

小雨の降る中試合開始です。
序盤からの相手の速い攻撃になんとかくらいついていましたが、クリアしたボールをなかなか攻撃に繋げられず押され気味です。次第に雨が激しくなり、土砂降りの中でのゲームとなりました。

目の前はよく見えないし、ボールは思うように飛ばないし、とてもやりにくいのは痛いほどわかるのですが、そこは相手も同じ条件。こちらがそのコンディションに困惑している間にあっと言う間に大きく離されてしまいました。悪条件でどれだけ力を発揮できるかを試されるような試合でした。

それでも後半は慣れたのか、体を張ったプレーも増え、転んで泥だらけになりながらボールに向かって行く様は感動を覚えました。
落ち着いてパスが回る場面も増え、陽汰の1点も決まりました。
追加点が欲しいところでしたが、龍生のシュートがおしくも決まらすそのまま試合終了となりました。
image



VS 光華SCS 1-1 (真言) GK 甲斐斗

1試合目で降った雨は試合終了とともにやんで、水たまりになっていたピッチも元通りになり、さっきまでの天気が嘘のようです。

出だしからパスがよく回り、真言も空いたスペースに果敢にシュートをします。
ベンチからも指示の声がよく出ていていいムードです。
守りの場面では、龍生が出るとそのカバーに蓮太朗が入り、必ず誰かが空いたスペースをフォローしていてよく連携が取れていました。
攻めの場面でも、浩大や真言の打ったシュートに遥音がちゃんと詰めていて、攻守ともひとりひとりが手を抜かず集中していました。半ば幻だったのかと思っていた(苦笑)合宿の時のようなプレーが戻ってきました。
切り込んでいった真言のシュートが決まりました。
失点が悔やまれますが、最終戦で自分達らしいプレーで締めくくれたことはよかったと思います。

長く続いた15ブロックリーグが終わり、満足のいく結果ではなかったと思います。
まだトーナメント戦、コスモリーグも残っていますから、日頃の練習から意識を高く持って頑張ってほしいと思います!

朝7時に集合して試合会場へ向かいました。
天気は曇り、何とか天気が持って2試合できました。

試合前のコーチの話。
みんなのやる気、気持ち一つで、試合結果が変わります。
気持ちをあげて試合に臨みましょう。
試合中ベンチ以外からの指示は禁止されています。
ベンチ以外からの指示は気にせず、
自分で判断してプレーしましょう。


vs EBSフジミ 2-4 ● (陽汰、遥音)
前半に陽汰が1点きめて、
これからもっと盛り上がって行こうとしていた所、
相手に同点にされてしまいました。
ここで気分を切り替えて、同点なんだから、と顔をあげて
向かって行ってほしいところですが、
相手の勢いに押されて更に2点を与えてしまいました。
さあ、どう切り替えていくか。
後半半ばを過ぎたあたりから、哲郎、陽汰の惜しいシュートが続きます。
時間が過ぎていく中、早く点を取らなくては。。
焦る中、遥音のサイドからのシュートが決まりました。
あと2点、、、
流れはビクトリーに来ていましたが時間きれで残念でした。


vs 西多摩SSS 0-4 ●  
2試合時間が空いて、さあ頑張って行こう!
1試合目よりもスピードがありました。
前半遥音、陽汰のシュートがあり、
先制点を取りたかったです。
誰かがシュートを打った時、ゴール前まで走りこんでなく
せっかくのチャンスを見送ることが多かったです。
確実に得点するために最後まであきらめずに走ろう。
蓮太朗、陽汰にシュートを打つチャンスがありますが
なかなかゴールとはならないで残念でした。
チャンスは確実に決めていかないと
厳しくなっていくと思います。
相手チームが自分たちに陣地に来ると
ずるずると下がっていってしまい、
アッという間にシュートチャンスを
与えてしまっていました。
シュートを打たせないように早め早めに動こう。
キーパー拓飛は何度もナイスセーブをしています。
拓飛のためにも得点がほしかったです。
飛び出した拓飛のフォローに
涼太郎がゴールを守り、素晴らしかったです。
なかなか得点が決まらず、守る場面も多くあり、
運動量も多かったと思います。
しかし部員一人でも足を止めてしまったり、
心がおれてしまうとみんなに影響します。
みんなで心ひとつ強い気持ちで向かっていく事で
変わってくると思います。


試合後のコーチの話。
対戦した2チームは、学年下の子たちが、
得点して活躍していました。
2試合負けて悔しくないですか?
ミスはあると思います。
ミスした事は、次に別のものに変えていきましょう。
合宿前に戻ってしまったようです。
パス練などしっかり練習しましょう。


EBSフジミさん、西多摩SSSさん、
ありがとうございました。
また宜しくお願いします。

9月3日に真如苑グランドにて市総体が行われました。
武蔵村山1fcさん、いずみさん、武蔵さん、アブローラさん、
そしてビクトリー村山の5チームが参加しました。

2年生から4年生までの12人で参加しました。
真如苑の芝のコートで試合ができるなんて嬉しいですね。
初めて芝のコートで試合した部員は緊張したかな?


8人制 10分ハーフ
①vs 1fc 1-4 ●(あみ)(キーパーまこと)
②vs いずみ 0-7 ● (キーパーるい)」
③vs 武蔵  0-1 ● (キーパー らん)
④vs アブローラ 0-10 ● (キーパーみやま)


1試合目、試合開始すぐより前半で3点入ってしまいました。
緊張しているのか、なかなか声を出すことができなかったです。
ボールに集中してしまい、プレーしづらかったのでは?
そんな中あみがシュートをきめ、元気をもらいました。
元気にプレーしてほしいなあ。
3試合目、少しずつパスがつながる場面がありました。
ゴール前での堅い守りはよかったです。
4試合目、疲れがでたのか、終始相手ペースになってしまいました。
自分たちのプレーをするためにはどうしたらいいのかな。

試合後のコーチの話。
悔しさを忘れないでください。
日頃の練習をがんばりましょう。
試合に、練習の成果がでます。
次の試合にむけて、練習をがんばりましょう。


市総体に参加のみなさま、ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
IMG_9820

 台風の影響で天気が不安定で、試合が出来るかどうか心配でしたが、天気が回復して太陽の日差し強くなり、蒸し暑い1日になりました。久しぶりの暑さで体力勝負でしたが、スタミナが切れてしまう様子でした。普段から体力がつくように身体作りが必要だと痛感しました。5年生から拓飛、哲郎、奏樹が参加してくれました。



1試合目 VS FCみずほ2001  0-4 ● 
(キーパー拓飛)

 雨が降った後の芝生でボール運びが悪く、思うようなプレーにならず悪戦苦闘します。
いつもより動きも悪く、なかなか自分たちのペースがつかめませんでした。
ビクトリーのチャンスがあり、奏樹が真からパスを受けシュートしますが、キーパーにセイブされ残念でした。
相手は、冷静にチャンスを逃さず攻撃してきます。
こちらがノーマークしている隙を狙って、シュートをしてゴールを奪われます。
給水の後、続けて失点します。
前半は、自分たちのプレーが出来ず終わります。
後半に入り、遥音から和馬に代わり、奏樹から哲郎に代わります。
真がコーナーキックで紘大がボールをもらい、シュートしますがキーパーがセイブして残念でした。
チャンスが数回ありましたが、得点に結ばずに終わりました。
キーパー拓飛は、一番気合いが入っていて体を張ってセイブしてくれました。
その気持ちの強さを6年生は、見習いたい所です。
この試合では、声が出なくて元気がなかったので、一人一人が声出しをするように常に心がけていくと良いと思いました。何より元気を出していくことが一番大切だと思いました。

2試合目 VS 武蔵村山1FC  1-6 ●(紘大)
(キーパー拓飛)

 試合前に喝を入れられ、部員の気持ちが上がり声が出るようになり、チームが元気が出てきて動きも良くなります。龍生の声が大きく、ナイス声でとても活気が出ました。
ビクトリーの流れでパスがつながり、真言がミドルシュートをしますが外します。
ボールが流れて遥音が諦めずにコーナーまで走る姿は、ナイスランでした。
龍生からのパスを受けて陽汰がシュートしますが、ゴールを外してしまいます。
チャンスの時にしっかり得点に結びつけるようにリベンジしたいです。
自分たちの力を出し惜しみするのではなくて、100%の力を出し切るようにして頑張ってほしいです。
後半に入り、ビクトリーのチャンスが訪れます。龍生から真言にパスがつながり、シュートしますが、本当に残念でした。
そんな中、中盤から紘大がパスをもらい、ドリブルで運びシュートします。見事にシュートが決まり、1点入りました。もう1点入れて行こうとムードが上がりますが、時間となります。もう少し早く自分たちのペースに出来たら、得点も加算出来た試合だと思いました。
次回の試合では、自分たちのペースを早く作れるように気分をあげて試合に臨んで欲しいと思いました。

(指導者より)
負けて悔しいですか?2試合目、始めに相手にゴールを決められてしまいましたね。どんな勝負事でも流れがあります。いい雰囲気の時に決定的な事がないと流れが変わりません。相手に流れを作らせない。今日の試合は、参りましただけど、次の試合に進みましょう。

1試合目、気分でチームは変わります。先制点を取られ、みずほは楽しく試合していました。気持ちで試合が変わります。いい試合が出来るのは、どうしたら良いか。個々の技術の練習が大事です。下を向いたら勝てない。気持ちを切りかえて次回の試合に臨みましょう。


FCみずほ2001の皆様、武蔵村山1FCの皆様、ありがとうございました。
またの機会の時には、よろしくお願い致します。
暑い中、引率をしていただた保護者の皆さん、応援・お手伝いありがとうございました。
まだまだ試合が続きます。引き続き、ご協力よろしくお願いします。imageimage

週末はずっと雨が続き、練習と試合も流れてしまう状態が続いていました。
やっと試合が出来たけど、ぶっつけ本番という感じになってしまいました。
この日も、曇っていていつ雨がふってもおかしくない状態でした。


      vs 羽村富士見SC GK:拓飛
前半  0      0
後半  0      1
合計  0      1



大瀧元監督が、応援に駆け付けてくれました。
試合が始まる前にカツをいれて頂きました。
5年生から、哲郎、アマリ、拓飛が選抜できてくれました。
始まってすぐに、体がなまってるのか?っという感じがすぐにわかりました。
初めに点を取られそうになったのですが、陽汰・真言も負けずにシュートを打っていきます。惜しくも外れてしまいましたが、遥音もよく走っていました。
コーナーキックから、入れられそうな場面もありましたが、哲郎が大きくカットしてくれました。
前半、点数に動きもなく後半へ。
GK:拓飛がよくカットしてくれました。
陽汰→雄斗がシュートしたこぼれ球を哲郎がシュートしたけれども、おしくも入りませんでした。そんないい場面も見られたのですが、相手に点数を許してしまいました。
そのまま、後半終了。

負けたのを、芝のせいにせず、技術を磨いていきましょう!
つぎの、試合も瑞穂5小ですが、ビクトリー頑張れ。

image image

羽村富士見SCの皆様、ありがとうございました。
また、機会がありましたときには、よろしくお願いします。