本日 230 人 - 昨日 368 人 - 累計 323828 人
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

11/24 祝★表彰

2014年11月25日
この度、岩下コーチが、ビクトリー村山FCのコーチとして10年間子どもたちの為に指導していただいた功績が認められ、武蔵村山市より善行表彰されました。

市の授賞式は11/3に行われましたが、改めてチームから感謝の気持ちを伝えたく、花束と記念品贈呈式を行いました。

指導者、現役部員とその保護者、OB(高1、高2、元コーチ、保護者)が参加し、和やかな雰囲気の中行われました。

岩下コーチはこれまで、主に低学年部員の指導を行ってくださいました。

低学年部員は素直だったり、わがままだったり、泣いたり、いろいろですが、岩下コーチは温かく、辛抱強く、接してくださいます。

10年間ありがとうございました。

これを1つの区切りとし、引き続き、ご指導いただきたいと思います。

IMG_6342.jpg

11月後半にしてはとても陽ざしが暖かく、日に当たっていると暑くなってしまう程の陽気でした。
コスモは現在の所、2勝4敗で残り5試合です。
今後の勝敗も気になりますが、それ以上に自分達のサッカーが出来るかが気になります。
今回は4年生から陽太・蓮太郎が参加しました。



VS BSSC 0-1 ●

VS ジュベニール 5-0 ○ (フレンドリー)
汰成・一平・太陽×3



VS BSSC

前半序盤から攻められます。
危ないシーンを輝がナイスクリアーをして声をかけて盛り上げようとします。
相手はCKからの攻めがとても上手く、何度となくチャンスを与えてしまい、ゴール正面で上手くキーパーがキャッチしましたがゴールラインに入ってしまい先制をされてしまいました。

押されていながらも太陽から蓮太郎へのナイスパスでシュートをしましたが、DFにクリアされてしまいます。

今回4年生の二人は5年生相手に当たりに負けずボールをキープしたりプレスをかけているシーンがよく見られました。

急に悠の体調が悪くなり、足を痛めていた省吾と交代します。
汰成から逆サイドの一平にパスが通り攻めに行こうとしますがDFに阻まれます。
その後相手から攻め込まれシュートされるも、蓮が素早く反応して足を大きく開きボールを止めてピンチを救ってくれました。

いつもなかなかエンジンのかからないビクトリー。
後半になると少し動きが変わります。
4年生二人が良い動きをして攻めます。
体調の良くなり戻りサイドにいた悠が後ろの汰成にボールを戻し、トップの陽太にパスしシュートをしますが、惜しくもキーパーの正面で取られてしまいました。
後半も終わり近くになると焦ってきたのか、少し離れていてもシュートをしたり、無理に突破しようとする場面が増えてきました。
無理せず、もう1回パスを回せば楽にシュートに持ちこめたのではないかなと思いました。
ゴールチャンスが続くと声かけが多くなってきます。(逆かもしれませんが)
太陽・悠・一平がラインを割るまであきらめず最後までボールを追い、チャンスを作ろうとしていました。
最後の方は押していましたが、1点を取る事が出来ませんでした。



VS ジュベニール (フレンドリー)

コスモ終了後志賀コーチから、次の試合では、バックは連携をしっかりとって、一人が上がった時はもう一人は必ず残っている、中盤は縦に大変だけれでもどれだけ出来るか、ボールを持っている人に任せるのではなく、他の人が主導権を握れるような動きをする等、各ポジションに細かな指示がありました。

フレンドリーでは先ほどと違う人がプレイしているのかと思う程皆の動きが違っていました。
立ち上がりから攻める気持ちが動きに出ていて、他の人の動きをよく見てパスを出し、相手にボールが取られてもすぐに次の動きになっていました。

倒れてもボールを放さない執念、キーパーは素早い判断で前に出てクリアし、バックは声を掛け合いながら連携をとっていました。
いつもならファーストボールを動かず眺めてしまう所、動いてチャンスを作る気持ちが沢山出ていました。

フレンドリーでしたが、とっても見ていて楽しい試合でした。
それは点を取ったからだけではないと思います。
試合後の濡れた髪や笑顔が頑張りを表していた様に思います。


~指導者より~

1試合目の後に何故負けてしまったかを聞きました。みんなは”気持ちが入っていなかった”と言っていました。
2試合目は気持ちが入っていたから良い試合が出来たと思います。
みんなよくやっていました。
悠は空いている人をしっかりマークしていました。
一平はよく動いていました。
一人一人がきっちりやれば、良い試合ができます。
受け手になってはいけない、ボールを持っている人に任せず、自分はどうすれば良いのかを考える、と話をしましたが、周りを意識して見て、よくやれたと思います。

連携も取れる様になってきました。
ゴール前も課題です。
打つのか出すのか、素早い判断をしないとなりません。

2試合目は5点とりましたが、点をとったのはシュートをした人だけれども、味方が点を取らせてくれたのだと、近くに仲間がいるのだという事を忘れないで下さい。
勝った試合は記録に残らないけれども、次回は1試合目から出来る様に
これからも頑張って練習をしましょう。



次の試合をたのしみにしたいと思います。
BSSCさん、ジュベーニールさん、ありがとうございました。
005.JPG007.JPG
010.JPG017.JPG
018.JPG021.JPG
024.JPG026.JPG
034.JPG

日に日に朝晩の寒さが身にしみるようになってきました。
寒くても元気いっぱいのビクトリーたちです。




1、VS 武蔵村山1FC  0-7 ●

2、VS 武蔵SC    1-0 ○(一平)

(フレンドリー)
1、VS 村山いずみFC 1-3 ●(創矢)

2、VS アブローラ武蔵村山 3-1 ○(汰成、輝、太陽) 




6・5年生は11月から短期で志賀コーチに指導していただくことになりました。
勝敗にこだわらずどれだけ周りを見てプレーできるかなど課題を持って試合に挑みました。
1試合目の1FC戦では序盤から1FCペースでボールを回されます。
やはり、ボールをもらう前・もらった時から周りを見る意識からか判断が遅く、相手に先にボールを取られたりボールへのよりが遅くなっていました。
ビクトリーはサイドがなかなかしぼれず、相手にあいた中央のスペースを使ってドリブルで突破され、同じような展開で連続失点を与えてしまいました。
そんな中でも省吾→汰成→悠→未涼とパスをつなげて攻め上がる場面も見られました。
2試合目の武蔵戦ではボールキープがなかなかできませんでした。
武蔵さんはボールを持った人へのよりが早くキープしている間に囲まれてしまい、なかなか思い通りにボールを回すことができません。
が、汰成がゴール前に走りこんできた一平へパス。ゴールをよく見てシュート!先取点を取ります。
その後は全体的にボールを持ってからの判断が遅く、最後のシュートまで持っていくことができなく、追加点はあげられませんでした。
フレンドリーでは普段あまりしないフォーメーション(2-3-2)でプレーしました。

市内のサッカーチームの皆様、いつもありがとうございます。
また宜しくお願い致します。

今日はいいお天気でしたが、初冬らしい冷たさも感じる日でした。
市内の4年生チームが集まり、3・4年生で交流試合に臨みました。

1.VS Abrola武蔵村山  0-0△
2.VS 武蔵村山1FC  0-2●
3.VS 武蔵SC     0-1●
4.VS 村山いずみFC  0-0△
5.VS Abrola武蔵村山   1-0○(哲郎)
6.VS 村山いずみFC  2-3●(空、ようた)
7.VS 武蔵村山1FC  0-1●
8.VS 武蔵SC     0-0△

フレンドリー
9.VS Abrola武蔵村山  0-1●
10.VS 武蔵SC     0-2●


<コーチから試合前の目標>
・相手に失礼のない態度で(プレーに限らず)
・ボールを持っていない人が動くように

1試合目 VS Abrola武蔵村山
前日の練習でだらけていたので、コーチに喝を入れていただき、今日は初戦から気合が入っていました。
声もよく出ていて、一人一人がパスを回してつなぐ意識がありました。

2~3試合目 VS 武蔵村山1FC、VS 武蔵SC    
相手に決められてしまいましたが、押され気味でもくじけず、カバーにもしっかり入っていました。
攻めの場面でも、惜しくもシュートは決まりませんでしたが、コートを広く使い、パスをつないでサイドに運ぶ意識はあり、気を抜かずにプレーしていました。

4試合目 VS 村山いずみFC  
午前最後の試合。少し疲れが出てきたのか、足が止まる場面が多少見られましたが、なんとか引き分けに終わりました。

<コーチから午後の試合前の目標>
・攻めるときは広がること
・タテだけでなく、ヨコの動きも使う

5試合目 VS Abrola武蔵村山
前半は少しまったりしていましたが、後半から動きがよくなってきました。
哲郎のシュートが決まり、本日初得点、初勝利です!キーパーの位置をよく見ていて、余裕のループシュートでした!!

6試合目 VS 村山いずみFC
コートを広く使い、パスがよくつながりました。空、こうたがシュートを決め、勝利目前でしたが、気が抜けてしまったのか、その後3点決められてしまいました。後半は相手の動きに合わせてしまい、少しもったいない試合でした。

7~8試合目 VS 武蔵村山1FC、VS 武蔵SC     
午後から休憩なく試合をしているせいか、疲れが見えて、少々動きが止まりがちでしたが、あきらめずによく走っていました。

9~10試合目(フレンドリー)
VS Abrola武蔵村山、VS 武蔵SC
本人達が希望してやった試合でしたが、思いのほか疲れが残っていたのか、ボールを持っていない人の動きが止まりがちでしたが、最後までがんばりました。

<試合後のコーチの一言>
小川監督
ボールに対する必死さが足りない。ボールを追いかけても最後の最後であきらめてしまう。
それでは「あきらめるな」のアドバイスで終わってしまって、その先のアドバイスができなくなるので、あきらめずに走りましょう。

岩下コーチ
色んなポジションをやって、苦手なところもあるだろうから、みんなでカバーすること。
横の動きもできるようになってきたけど、もっと練習を重ねて身につけましょう。

小泉コーチ
最後の片づけ、ブラシかけまでしっかりやる。他チームがやっていたら交代する。そういう気遣いができないことがプレーにも表れる。
声をかけ合って、全員のチームプレーを心掛けましょう。

★☆赤星☆★

陽汰…全試合中心になって動いていました
龍生…上がってもちゃんと戻っていました
哲郎…よくキープできていました